こんにちは!パチ子です。

雲州そろばん協業組合では、毎月数丁のそろばんの修理依頼が来るのですが、

2015年初の修理依頼は、めずらしいそろばんだったのでご紹介します。

 

有段者の生徒さんが、おじい様から譲り受けたという桐箱入りのそろばん。

箱書き、そろばんの作銘をみてみると、

「雲州 横田 千田作」とありました。

そろばん 三代朝吉作

この方は千田 美一郎(せんだ みいちろう)さんという伝統工芸士で、

もうお亡くなりになっていますが、大変腕の良い名工で知られていました。

なんと、手廻しロクロを考案した村上 朝吉(むらかみ あさきち)の子孫にあたります。

 

朝吉は、当時(江戸後期)どの家にもあった糸繰車を改良して、手廻しロクロを考案しました。

この手廻しロクロで、かつてないほど小さく、粒の揃った珠を効率よく作ることが出来たそうです。

また、これまで一子相伝であったそろばんの技術を、朝吉は自分の製法や道具を公開し、

このことが地場産業としての発展につながったといわれています。

 

千田作そろばん

 

この技術は、朝吉の義理の兄であり、弟子でもあった千田六太郎からその子孫、弟子たちへと受け継がれていきます。

美一郎の父親・亀吉(朝吉の孫)もそろばん職人で、亀吉の一番弟子でもあった市田敏夫(伝統工芸士・永雲)に

そろばん作りを習ったそうです。

美一郎は「三代目朝吉」(さんだいめあさきち)としても、質の良いそろばんを数多く残しています。

 

詳細 三代朝吉作そろばん

 

美一郎のそろばんは、特に玉の弾きの良さが評価されていました。

数年前までは、在庫として「三代目朝吉作」のそろばんもありましたが、

すでに完売となり残っておりません。

もし「千田作」「三代目朝吉作」のそろばんをお持ちの方は、

貴重なそろばんですので大事にしてやってくださいませ。

 

修理依頼のそろばんは、長らく使われていなかったことから、

玉の動きが悪かったのですが、きれいにクリーニングして、

弾きも良くなりました。

もちろん、修理を手掛けたのは、

「現代の名工」伝統工芸士の二代目雲文です。

 

玉を弾くと、良いそろばんの証でもある冴えた音がよみがえりました。

2015年のスタートにふさわしい貴重なそろばんとの出会い。

白く雪化粧した里山に、心地よい玉音が響き渡るかのようでした。

 

 

 

桐箱 三代朝吉作そろばん

 

千田美一郎氏略歴(伝統工芸士)

昭和10年11月15日生
昭和31年2月 市田敏夫氏に師事、そろばん製造技術の習得に努める。
昭和31年9月 自宅に於いてそろばんの製造にあたる。
昭和58年8月 雲州算盤品評会に於いて最優秀賞を受賞。
昭和59年 「島根県ふるさと伝統工芸品技術後継者表彰」受賞。

 

今回、この修理依頼をして下さった塾の先生から、

「このそろばんの歴史を知りたい」とのご希望で、

改めて「三代目朝吉」について調べてみました。

 

そろばんに関わる人々の記憶の中をたどり、

資料を探り、雲州そろばんの歴史を知れば知るほど、

それはとてもドラマティックでワクワクすることばかりです。

 

昭和52年ごろまでの歴史は、高橋一郎先生の「雲州そろばんの今昔~歴史とその技術」(絶版)に記されていますが、

その後のことを残しておかなくてはいけないと強く思いました。

 

雲州そろばんについて、これからボチボチ整理して、

こちらでもちょこっとずつアップしていきますので、

よろしくお願いいたします!