~定位点打ち~

組立工程の最後の作業。

細い線状になっている材料を、小さな穴に差し込み、

少し長めにカットします。

それを金づちで打ち込み抜けないようにします。

定位点が計算の基となり、そろばん全体の機能美にも影響を与えますので、

最後まで気を抜けません。

雲州そろばん 職人の手 №12

定位点打ち