~根心打ち~ (こんじんうち)

枠材を補強するための工程です。

枠の角、枠と芯竹、枠と裏棒、そろぞれを固定し、

枠の強度を保つのがこの細いアルミ線です。

あらかじめ小さな穴を開けておくのですが、

下まで貫通しない、芯竹の中心までのわずかな深さ。

この細かな作業の中に、そろばんを長く使えるヒミツがあります。

雲州そろばん 職人の手 №17

根心打ち