~製材・左右枠定寸切り~

積層強化木と呼ばれる特殊合板を製材していきます。

木の板と樹脂を圧縮してできる積層強化木は、

黒檀によく似た堅さとツヤがあります。

枠の太さに製材していく作業は、

重い材料をまっすぐに挽かなければいけませんので、

良く手入れされた刃物と集中力が必要です。

 

雲州そろばん 職人の手 №23

積層強化木製材

 

その後、上下枠や左右枠に加工していきます。

左右枠は「トモ」または「ツマ」と呼ばれています。

 

 

雲州そろばん 職人の手 №24

左右枠定寸切り

 

リズミカルに切り落としていく作業ですが、

材料のロスが出ないように切断。

次の工程に入りやすいように、

整然と並べていきます。

 

雲州そろばん 職人の手 №24-1

左右枠 加工前