~竹差し~

そろばんの中桟に、軸となる竹をさしていきます。

 

そろばんを組み立てる工程は、ここからスタートするので、

新人職人がまず最初にやらせてもらう作業です。

 

ベテラン職人から、右手の薬指と小指の間に竹を何本かはさむよう指導があります。

箱の中から1本ずつ取り出してさすよりも、

この方が効率が良いのです。

 

簡単な作業ですが、当然のことながら中桟の穴は竹の径よりも小さいので、

グッとさす時に力が必要です。

慣れないうちは力が入りすぎて、変なところが筋肉痛になります。。。

 

そろばん 職人の手 №39

竹差し

この組立工程に入る前にも、あらゆる準備が必要なのですが、

その準備についてはまた別の回で紹介させていただきます。