~星目あけ~(ホシメアケ)

2016年スタートの「職人の手」はこちらから~★

星目(ホシメ)とは、そろばんの中桟にある定位点のことです。

この工程は職人の手 №19でもご紹介しました

「定位点穴あけ」と同じ工程の事です。

 

なぜ大事な工程を組立最後にしなければいけないのか。

この穴あけの位置でそろばんの「顔」が決まってしまう重要な作業だからです。

細い中桟の真ん中の位置に小さな穴を開けていくので、

かなりの集中力と技術が必要です。

 

この定位点の位置がずれてしまうと、

なんとも不格好なそろばんになってしまい、

最悪不良となり商品にすることが出来なくなります。

 

 

そろばん職人の手 №45

星目あけ

この大事な作業をしていたのは、、、

匠の卵くん!

次々に技術を習得し、ついにここまで任されるようになりました!

本人はかなり緊張していたようですが、

確実に仕上がっていましたよ。

 

あと二人の卵くんも着々と経験を積んできていますので、

また後日紹介させていただきますね~♪