~最終バフかけ~

お久しぶりの『職人の手シリーズ』です!

本日の作業は「最終バフかけ」

完成したそろばんに上品な艶がでるように、

最後の磨き作業です。

 

これまでも何回かご紹介した「バフかけ」の作業です。

何度も塗装と磨きを重ねて、これが最後の磨き工程になります。

最後のバフかけは「艶消し」とも呼ばれ、

塗装をかけただけのテカテカの光沢よりも、

しっとりとした、おとなしめの艶にしていきます。

 

この作業は完成したそろばんの枠を磨いていきますので、

玉にキズをつけないように細心の注意が必要です。

 

 

 

そろばん職人の手 №48 最終バフかけ

最終バフかけ

 

修業を始めて2年目に入った匠の卵くんたち。

先輩職人からの熱い指導により、

着々と技術を習得していっております。

 

これからの成長に期待しています!!