*そろばんの修理とお手入れ*

7月に入りましたが、まだまだ梅雨が明けない奥出雲です。

水不足の地域もあるようですが、

奥出雲でも例年より雨の量が少ない様に感じます。

 

さて、この梅雨から夏にかけての季節は、

そろばんにとっては苦手な季節です。

 

そろばん 梅雨 子ども

雨が降りじめじめと湿気が多く、

さらに子どもたちはたくさん汗をかきますので、

他の季節よりもそろばんに水分が付きやすくなります。

 

そろばんの大敵は水分ですので、

普段のお手入れや取り扱いにいつもより気を付けていただき、

トラブルをなくしたいものですね。

 

そろばん 梅雨

 

この季節によくあるそろばんの修理、お手入れに関する問い合わせをまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。


Q1) 汗っかきの子どものそろばんですが、動きが悪くなりました。

A1)動きが悪くなっていれば、まずは乾いた柔らかい布で拭いてください。

その後、風通しの良い涼しい場所で乾燥させてみてください。

エアコンの効いた部屋でも可。

それだけで幾分か改善されると思いますが、

まだ動きが悪いようであれば、メンテナンスいたしますのでこちらへお送りください。

ご使用後は、保管される前に乾いた布で拭き、

風通しの良い涼しい場所でしばらくケースを開けておいてから、

保管されることをお勧めします。

また、早く乾かすためにドライヤーなどで熱を加えないようにしてください。

急激に乾燥させたり、高温をあてることは枠がゆがんだり、

玉にひびが入るなど故障の原因となります。

 

そろばん 梅雨 お手入れ

 


Q2) そろばん教室へ行く途中で雨が降り、そろばんが濡れました

A2)すぐに乾いた布で水気をふき取り、風通しの良い涼しい場所で乾燥させてください。

そろばんは木でできていますので、水を含んで竹、玉の穴が膨らんでしまい、

玉が動かなくなってしまいます。

そうなってしまう前に水分をふき取ることが必要です。

すぐに対処した場合は大丈夫ですが、

念のためにこちらで見させていただくと安心です。

雨の日は傘をさしていても濡れちゃいますよね。

そろばんはケースに入っているから大丈夫!と過信しないで、

隙間から入ってくる可能性もありますので、

ビニール袋でくるんでからバッグに入れていただくことをおすすめします。

中には面倒くさがってしまうお子さんもいらっしゃるかと思いますが、

大切なそろばんを守るひと手間を惜しまないでくださいね。

 

そろばん 梅雨 紫陽花

 


Q3) ワンタッチの金具が錆びてしまったのですが、、、。

A3)湿気により金具が錆びてしまう場合があります。

錆びを落とすだけで改善しますので、

ご遠慮なくお申し付けください。

ひどく錆び付いている場合のみ、金具全体を交換することになります。

これを防ぐためにも、ご使用のたびのお手入れが欠かせません。

乾いた布で全体を拭き上げ、

ケースにしまう前に風通しの良い場所で乾燥させておきましょう。


Q4) ジュースをこぼしちゃった、、、。

A4)家庭でおやつを食べながら、ジュースを飲みながら、

そろばんの練習をされるお子さんは意外に多いのかもしれません。

私の娘もいくら言い聞かせてもやめません

 

 

そろばん ジュース

 

ジュース、お菓子類の汚れが一番厄介なのです。

ジュースは水分のほかに糖分が含まれていますので、

ただ拭いて乾かすだけではベタベタ汚れは取れません。

ジュースをこぼしてしまった時には、

まずは乾いた布で水分をふき取ることが一番ですが、

その後ベンジンで糖分のベタベタを拭き取ってください。

ベンジンはホームセンターや薬局で販売されている、

昔ながらのベンジンをお使いください。

柔らかい布に少量のベンジンを含ませ、

ていねいに拭いてください。

ベンジンは揮発性が高いので、

木にしみこむことはありません。

 

お菓子類も食べかすが玉の穴に入り込み、

故障の原因となります。

ご家庭での練習の際は、おやつは練習が終わり、

そろばんを片付けてからいただきましょうね!

練習の前のおやつなら、手をきれいに洗い乾燥させてから、

練習を始めるようにしましょうね。

 

 


以上、よくある問い合わせをまとめてみました。

いずれの場合も、まずはお気軽にご相談下さい。

処置が早ければ早いほど、

そろばんが痛まなくて済みますし、長持ちします。

そして、ご自分で処置が難しい場合は、どうぞこちらへお送り下さい。

職人が丁寧にメンテナンスさせていただきます。

 

最後に。。。

昔からあるそろばんの滑りをよくするといわれている、

「すべらし粉」

「米びつに入れる」

「鉛筆の芯を塗り付ける」ことは、

現代のそろばんには向いていません。

逆に症状を悪化させますので、絶対にしないでくださいね。

 

保管とお手入れについては、以下もご参照下さい。

「保管とお手入れ方法」

 

お問い合わせは。。。

雲州そろばん協業組合

TEL0854-52-0839/FAX0854-52-1057

〒699-1822

島根県仁多郡奥出雲町下横田76-5 までお願いいたします。

 

もうすぐ夏休み。

そろばん大会も各地で開催されますが、

そろばんも心身ともにベストな状態で

ご自身の力を発揮されますようお祈りしています。