去る9月21日(日)、小2の娘が生まれて初めて珠算検定試験を受けました。
珠算を習い始めて約4ヶ月。9級の挑戦です。
仕事柄どんな様子で行われるのか興味津々で会場まで行くと、保護者同伴は我家だけ…。これは早々に退散せねばと、しかし、先生が説明される検定の注意事項を最後まで聞き、緊張気味の娘にしつこく「時間があったらもう一度見直すこと!!」と激励(!?)し会場を後にしました。

20分ほどで試験は終り、親子ともどもホッと一安心。「絶対に満点とると、何故か終わってから意気込んでいる娘…。どこか育て方を間違ったのだろうか…{/大汗/}一抹の不安を残しつつ、人生初体験の検定試験を終えました。結果は今週末には発表されるとか。合格でも不合格でもまあ、良しとしましょう。とりあえず、頑張ったのだから。
出来れば合格して自信をつけ、珠算をもっと好きになってくれたら嬉しいんですけどね

娘が珠算でお世話になっているI先生もこのブログをご覧いただいているようで、嬉しいやら恥ずかしいやら…でも、とても励みになります。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

今回は私事ネタで失礼いたしました。